就職活動において企業研究の方法と3つの目的について

就職活動

今回は、企業研究の目的と方法について書いていきます。

結論から言うと、企業研究は必ずしましょう。

私は、今まで500人以上の就活生と関わってきました。

その経験を踏まえて、企業研究について書いていきますので、最後まで是非お読みください。

本題に入る前に、企業研究をする前に必ず「自己分析」を行っておきましょう。

なぜなら、就活の軸を決めた方が効率よく企業研究が出来るからです。

自己分析については、次の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

企業研究の3つの目的

マッチング

1つ目の目的としては、あなたにマッチする企業かを調べることです。

現在、就職戦線は学生に有利な売り手市場となっています。

売り手市場になると、どんなことが起きるか知っていますか?

就活生が業界や企業について勉強しなくても、企業から内定を取りやすくなります。

その結果、入社してから自分のイメージが違うということで、早期離職に繋がっていきます。

それを避けるためにも企業研究は必要なのです。

自分が成長できる企業かどうか

2つ目は、あなた自身が成長できる環境かどうかです。

私は、以前学習塾に勤めていて転職する際に

「自分は何が出来るんだろう?」

「約10年間働いてきたけど、何も出来ない…」

と絶望感に襲われたことがあります。

業種などにも依りますが、企業を選ぶ際に

「この企業で、営業スキルを極める」

「この企業で、販売能力を身につける」

といったように、自分が身につけたいスキルを考えることが大切です。

あなたが成長すれば、仮に10年後転職するとなっても、働く場所があるはずです。

志望動機の具体化

3つ目は志望動機の具体化です。

就職活動では面接や履歴書・エントリーシートなど必ず志望動機を聞かれる場面が出てきます。

その時に、企業研究をしていないと無残な結果が待っています。

志望動機を具体化することで、どんなメリットが出てくるのでしょうか。

  1. 他の就活生との差別化 
  2. 熱意を伝えられる 
  3. 同業他社との違いを伝えられる

上記によって、採用担当者に

「おっ!やりよるな」

と思わせることが出来ます。

これが内定をグッと引き寄せることになるのです。

エントリーシートの書き方については、次の記事を参考にしてください。

先輩のESを見ることができる⁉︎➡️就活のあらゆる情報は就活ノートに詰まっています。

企業研究の方法について

まず企業研究では何を調べれば良いのでしょうか?

  1. 企業情報 
  2. 事業内容 
  3. 制度 
  4. 採用情報

上記は最低限調べておかなければならないものです。

これらを調べると先ほどの目的は果たせるでしょうか?

例えば、企業情報を調べると、その企業はあなたに合っているか分かりますか?

他の就活生と違う志望動機を考えることが出来ますか?

答えはNOです。

企業研究では、もっと具体的な仕事内容や、職場の雰囲気がわからないと意味がありません。

でも、どうやって調べたら良いのか分かりませんよね?

調べるツールはいくつかあるので、紹介します。

  1. HP
  2. 就職情報会社
  3. OB・OG訪問
  4. 会社説明会
  5. 書籍
  6. 新聞
  7. インターンシップ

上記のように、調べるツールは複数あります。

仕事内容や職場の雰囲気を調べるには、3、4、7が良いでしょう。

3・4・7については次の記事をお読みください。
5の書籍については、下記がおすすめです!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

就職四季報2021年版【電子書籍】
価格:2090円 (2019/12/17時点)

企業研究の注意点

企業研究をするための情報収集は、先ほど書いた通りですが、注意しなければならないことがあります。

それは、情報の取捨選択です。

特にネットに書かれていることは、間違っている情報や古い情報が多いです。

特に退職者などの書き込みには注意が必要です。

私のところにも就活生が来て

「この会社、掲示板に悪いことしか書いてなくて不安です」

と言ってきます。

基本的に掲示板に書く人は、その会社を辞めてきた人なので、悪口が大半になります。

ですから、話半分に受け取ってください。

どの会社も良いところもあれば、悪いところもあります。

そして、悪いところは人によっては悪いところじゃ無いかもしれません。

掲示板の書き込みで判断するのは止めましょう。

企業研究はいつやるの?

答えは簡単です。

今でしょ!!

早ければ早い方が良いですが、企業研究の前にやらなければならないことがあります。

それは

「自己分析」「業界研究」

です。

自己分析を終えていなければ、あなたが目指す道が見えてきません。

また、業界研究が終わっていなければ、企業の絞り込みが出来ません。

現在、日本に会社がどれぐらいあるか知っていますか?

約400万社です!

何もしない内に400万社から絞り込みは厳しいです。

絞り込みをするためにも、自己分析と業界研究を行ってから企業研究をしましょう。

業界研究・企業研究については、次の記事を参考にしてください。

最後に

雑ブログ

今回は企業研究の目的と方法について書いてきました。

気になる企業があれば、その企業について調べましょう。

そうすることによって、自分に合っているかどうか見えてきます。

あなたの就職活動がより良いものになるよう、祈っております。

スキマ時間に➡️LINEで就活【digmee】

体育会系➡️10万社以上の中から選抜した弊社だけの体育会・アスリート限定の求人案件
特別先行ルートあり➡️【キャリアパーク!就活エージェント!】

就職活動のスケジュールを確認しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました