就職活動で会社見学は行くべきか?参加するメリットと注意点

就職活動

見学会を実施している会社は結構ありますが、皆さんは参加しているでしょうか?

今回は会社見学に参加するメリットと注意点を書いていきます。

スポンサーリンク

会社見学は行くべきか?

結論から言うと、会社見学は行った方が良いです。

特に、狙っている企業であれば尚更行くべきです。

なぜなら、面接時に確実にこの経験が有利に働くからです。

それでは、会社見学に行くメリットなどを書いていきます。

会社見学に行くメリット

①雰囲気を肌で感じることが出来る

会社見学に行くメリットは、職場の雰囲気を肌で感じられることです。

職場の雰囲気を感じることが出来れば、あなたがその職場で働きたいか、そうでないかを判断することが出来ます。

最近の就職活動は売り手市場で、学生が会社のことをよく調べないで会社から内定を貰います。

それが原因で早期退職が問題となっています。会社見学に参加することによって、ミスマッチを防ぐことが出来ます。

②自分を売り込むことが出来る

会社見学では、採用担当者があなたのことを見ています。

ということは、採用担当者にあなた自身を売り込むチャンスです。

採用担当者はあなたの態度や、積極性を見ているので、一生懸命メモを取ったり、積極的に質問をすることによって、好印象を与えることが出来ます。

採用試験の前に名前を覚えてもらえるぐらいになれば、他の受験者に差をつけることが出来ます。

③志望動機を考えることが出来る

私が今までたくさんの就活生の志望動機を見てきて思ったことです。

大抵の学生は、会社説明会で話を聞いて、なんか良い感じだから受けてみようと思うのですが、この志望動機を上手く書けません。

なぜでしょうか?

話を聞いただけだからです。百聞は一見にしかずと言いますが、その通りです。

会社見学に行って、自分の目で見て、良いと思ったものの方が生きた言葉で書けます。

この志望動機を書けるだけでも、会社見学会に行く価値はあります。

会社見学会で注意すること

マナー

やはり、社会人としてのマナーやルールを守らなければ、あなたの評価は下がってしまいます。

先程は、あなたを売り込むチャンスと書きましたが、その逆もあるということです。

マナーについては違う記事で書いていますので、こちらを必ず参考にして下さい。

➡️会社見学に行く前に押さえておくべきマナーや準備する物を紹介

目的を持つこと

これは、会社説明会に行く前にしてほしいことですが、必ず何を見たいのか考えてください。

もちろん、参加することにも意義はあるのですが、何となく参加してしまうと

「なんかすごかったなぁ…」

で終わります。

何か1つでも良いので、これは見ようというものを決めておいてください。

お礼をする

会社見学が終わったら、必ず担当してくれた方にお礼をしましょう。

その場でお礼を言うだけではなく、メールや礼状を送ると、さらに好印象です。

メールや礼状を送るタイミングは、なるべく当日にしてください。

遅くても、次の日です。

日にちが空いてしまうなら、送らない方が良いでしょう。

最後に

私は職業柄、たくさんの会社見学に参加してきました。

今後、会社見学に参加するなら、あなたが行きたい会社とその同業他社を見学してください。

そうすることによって、あなたが行きたい会社の特徴が浮き彫りになってきます。

これがまた、志望動機に繋がっていきますので、是非参加してください。

私が今まで見てきた会社で1番印象に残っているところは、会社名は言えないですが、とにかく環境整備に力を入れていた会社です。

その会社は、エネルギーやインフラの会社で、地域の人々の安全を第一にするという理念を持っています。

そのためには、会社の環境整備を徹底して、いつ何があってもすぐに動ける体制を取っています。

会社の方がそのように言ったわけではないですが、会社を見ただけで、そのことを感じ取ることが出来ました。

私は会社見学会は、その会社が大切にしていることを見る良い機会だと思います。そして、そのことが1番大切ではないかと考えています。

もし、就職活動で悩んでいるのであれば、いつでもご相談に乗りますので、いつでもお問合わせ下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました