冬期講習は中学生にとって本当に必要なの?必要な理由は?

塾・受験生

今回は、冬期講習は中学生にとって必要なものかを書いていきます。

私は、約10年間塾業界で働いていました。

そこで感じた冬期講習の意味や位置づけを書いていきます。

夏期講習についてはこちらをご覧ください。
スポンサーリンク

冬期講習の意味は?

冬期講習の意味は、学年や学力によって変わってきます。

結論から言うと、中3生にとっては受験校に合格するための講習です。

この時期は、学校での三者面談等で受験校が決まります。

ほとんどの生徒は、受験校は学力に合った高校であることが多いと思います。

高校の選び方については、こちらの記事を読んでください。

受験校に合格するためには、どれだけ失点を減らす事ができるかが勝負です。

夏期講習は学力を伸ばすための講習だとすれば、冬期講習は持っている実力を100%活かすための講習となります。

要するに試験が終わった後「これ、わかってたのに!」ということを無くするための講習になります。

そのため、新しいことを覚えるよりは、今までインプットしたことを、より精度を高めたアウトプットをする練習をします。

中1・2生は、夏期講習とほぼ同じで、前学期の復習、次学期の予習がメインとなります。

分からない所をなくして3学期を迎えましょう。

冬期講習は必要?

その生徒の学力や性格に依りますが、冬期講習は受けた方が良いです。

ただ、学力も受験校のボーダーを余裕でクリアしていて、1人でも勉強出来る生徒であれば受けなくても良いです。

冬期講習の成果

私が受け持った生徒の中に、3年生の12月から1月にかけて、5教科で60〜70点上がった生徒が居ました。

あまりにも急だったので、私は半信半疑でした。

そのため、今回は偶然で、次のテストで元に戻るんだろうと思っていました。

しかし、次のテストでも、その上がった状態と点数が変わらなかったので、心の中では「マジか⁉︎何があったんだ?」と思いました。

普段勉強をしてない生徒が、講習で無理やり勉強させると上がったりもするので、それかなと思っています。

成績が上がりやすい生徒とは?

最後に

今回は、中学生にとって冬期講習は必要なものなのか書いていきました。

結論として必要だと考えています。

結果はどうあれ、受験前に「やるだけのことをやる」ことが将来にも繋がってきます。

そして、悪い結果だったとしても後悔はしないです。

講習を受ける受けないに関わらず、最後まで努力する環境を整え、受験に向かっていってください。

皆さんの受験がより良いものになるよう、祈っております。



コメント

タイトルとURLをコピーしました