台風が温帯低気圧に変わったら安心?

塾・受験生

台風が北上していくと、東北付近で

「台風が温帯低気圧に変わりました」

というニュースをよく耳にしませんか?私は、東北に住んでいるので毎年その言葉を聞きます。

温帯低気圧に変わったのに、風が強いじゃん!どうなってるの?と思い、温帯低気圧について調べてみました。

最後までお付き合いください。

台風と温帯低気圧の違いについて

台風と温帯低気圧の違いは結論から言うと、構造の違いです。

台風は、水蒸気が雨に変わる際に発生する潜熱によって発達する。

温帯低気圧は暖かい空気と冷たい空気がぶつかり、その温度差により発達する。

上記以外の台風と温帯低気圧の特徴

台風

  • 台風の中心に雲のない目がある。よく台風の目と言われるもの。
  • 熱帯で発生する。
  • 中心付近の最大風速が毎秒17.2m以上ある。
  • 前線がない。

温帯低気圧

  • 全然がある。
  • 広範囲で風が強い。

温帯低気圧に変われば安心?

ナオパパ
ナオパパ

違いは何となくわかったけど、それでどうなの??

私は、ニュースで

「台風が温帯低気圧に変わりました」

と聞くと、

「あー、台風じゃなくなって良かったなー」

と思います。要するに、雨は降ってるけど、風も弱くなるし安心感を得ます。おそらく、ほとんどの方がそう思われてるのではないでしょうか?

しかし、実際に調べてみると、そんなことはない事がわかりました。

どのようにして台風が温帯低気圧に変わっていくのか

まずは、台風が温帯低気圧に変わっていく状況を説明します。

台風は、もともと熱帯の海上付近で、暖かい海面から得られる水蒸気が水滴に変わるときの熱エネルギーで発達します。

そして、温帯低気圧は、暖かい空気と冷たい空気の温度差で発達します。暖かい空気と冷たい空気が上下に分かれる際の運動エネルギーがエネルギー源となります。

台風が日本へ北上してくると、北側からの冷たい空気が入ってくるため、温帯低気圧と変わっていくのです。

ここで言いたいのは、台風が弱まって温帯低気圧に変わるわけではないっていうことです。暖かい空気から出来ていた台風が、冷たい空気が入ることで構造が変化し、温帯低気圧という名前に変わっただけです。

温帯低気圧は安全キャラではない

温帯低気圧は台風が弱くなったものを指すわけではないので、油断はしないでください。低気圧として再び発達し、広範囲で風が強くなることがあります。

したがって、温帯低気圧に変わっても、外出する際には気をつけてください。

最後に

今回は、台風が温帯低気圧に変わると安心なのかを書いていきました。正直、私は温帯低気圧のことを甘く見てました。

これからは、温帯低気圧に変わっても外の様子を見ながら行動します。

ニュースでも、もっと危険をアピールするようにしてほしいですね。皆さんも外出する際には気をつけてください。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからも、よろしくお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました