名店が認めた本格Style 篝 鷄白湯sobaトリュフを食べてみた感想

食レポ

前回のビーフカレーヌードルに続き、カップラーメンシリーズ第2弾!

ビーフカレーヌードルは、私が食べたカップラーメンの中でも1、2位を争うほど美味しかったです。

前回、2日連続で食べたことと、本日コンビニに行ったらもう売っていなかった事は秘密です笑

今回は、篝(かがり)の鷄白湯sobaトリュフについて書いていきます。

スポンサーリンク

発売日は?

発売日は2019年11月25日発売だったそうです。

今回は「名店が認めた本格Style」の第2弾です。

ちなみに第1弾は2019年4月22日に発売された名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Sobaです。

パッと見、第2弾と何が違うの?と思ったのですが、第2弾は最後に『トリュフ』がつきます。

ナオパパ
ナオパパ

第2弾が出るってことは、完全に美味いでしょ!

そうよね。ビーフカレーヌードルがもう売られていないぐらいだからね笑

どんな味?

蓋を開けた瞬間、不思議な癖のある匂いがしました。

お湯を入れ、3分経ったので、満を辞して食しました。

その瞬間「ガリッ」とパスタの芯が残った食感がしました。

トリュフっていう名前が付いてるし、洋風なラーメンってこういうものか〜と思っていました。

しかし、もう1度蓋を見ると

熱湯5分

と書いてありました。

その瞬間

「はぁ?ごふん⁉︎」

と1人でビックリしていました。

はい、結論を言うと、味はよくわからないってことです…

すみません…

でも、スープは濃厚でクリーミーでした。

本来の『名店が認めた本格Style 篝 鷄白湯sobaトリュフ』を堪能出来ませんでしたが、クリーミーだということは間違いありません!

ただ、少し癖のある匂いが嫌いな人は居るかもしれません。

点数をつけるなら?

10段階なら6です。

ちなみにビーフカレーヌードルは9.5です。

やはり、私は匂いが気になりました。

また油がキツかったです。

ナオパパ
ナオパパ

もう年齢が油を許さなくなってきています…

­

最後に

たまたまカップラーメンシリーズが出来たので、またカップラーメンを食べる機会があれば、第3弾、第4弾と書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました